カートをみる マイページへログイン お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

鶯宿梅3年物お徳用500g

鶯宿梅の梅干し、鶯宿梅3年物お徳用500gが梅干しのおすすめ。 鶯宿梅3年物お徳用500g

【どんな梅干し?】
使用している梅は、自社梅林で無農薬・有機肥料で育て収穫した日本古来の在来品種の鶯宿梅(おうしゅくばい)。
シソは梅林と同じく無農薬・有機肥料の自社菜園で育てた紫シソ。
漬け塩は、海水を天日で干した有機塩。

これらを原料に先祖伝来の製法に従い、3年間樽の中でじっくりと熟成させたすっぱい梅干しです。

鶯宿梅の梅干し

鶯宿梅3年物お徳用500g

メーカー:有限会社 徳重紅梅園
型番:101101301
価格:

2,400円 (税込 2,592円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません

■ 商品説明

鶯宿梅の梅干し、梅干しでおすすめなのは鶯宿梅で作った徳重紅梅園の鶯宿梅の梅干し鶯宿梅3年物お徳用 500g。数多くのテレビ・雑誌でも紹介され受賞歴多数の逸品。自社梅林で無農薬・有機肥料で育て収穫した鶯宿梅で作った梅干しを宮崎県都城市の徳重紅梅園の通販で販売中。

■ 商品仕様

製品名鶯宿梅3年物お徳用 500g
型番101101301
メーカー有限会社 徳重紅梅園

鶯宿梅の梅干し 【級分けの基準】 収穫時に粒サイズの選定を行い、粒の大きな鶯宿梅が梅干しの候補となり3年熟成させた梅干しの実の柔らかさに応じて分類を行います。

*特級=全体的に実が柔らかく仕上がった梅干し
*一級=部分的に固い部分が出来ている梅干し
*お徳用=一級や特級以外の梅干し

鶯宿梅はその品種の特徴ゆえ果肉に固い部分が生まれてしまうため、特に「柔らかさ」を重視した分類方法を取っておりますが、 「級」によって含有成分が変わるという事ではありません。用途に応じてご注文ください。
鶯宿梅の梅干し ●余計なモノを一切含まない自然本来の味
紅梅園の梅干しは、自然栽培された鶯宿梅を紫シソと有機塩だけで漬けこんだ無添加梅干しです。
カツオ風味やハチミツ漬けといった調味梅干しと比べると、とてもすっぱく感じますが、余計なモノを一切含まない紅梅園の梅干しは梅本来の自然の味を楽しんで頂けます。

紅梅園の梅干しが多くのお客様、著名人を始め、多くのメディアの皆様に多大に評価していただけているのは、調味料などで作られた味ではなく 祖先より伝わる「紅梅園の味」というものを大切にし続けた結果であると思っております。

鶯宿梅の梅干しは、柔らかい食感の南高梅に比べしっかりとした食感が特徴。
熱々のご飯と一緒に食べたり、お茶請けとしてもおススメですが、煮崩れしにくい特徴を活かして煮物などに数粒入れる事で梅の淡い香りと梅の実を楽しめます。
また、焼酎などに入れる場合は、くずす実の量を調節出来ますので焼酎本来の味を楽しむと共に、梅の風味もお楽しみ下さい。

●日本の梅「鶯宿梅」は有効成分が豊富です

鶯宿梅という梅は、品種改良されていない為
*日焼け肌で果肉が厚い
*鉄分が多いためシソ漬けしても鮮やかな紅色に染まらない
*在来品種で自然栽培のため収穫量が少ない

しかしながら、その無骨な外見とは違い有効成分を豊富に含んだ素晴らしい品種でもあります。
紅梅園では、40年以上の歳月を掛けて無農薬、有機肥料だけで鶯宿梅の栽培を続けてきました。

梅干しの全国標準値との比較結果を見るとお分かり頂ける通り、紅梅園の「生きた土」で育ち、先祖伝来の製法で漬けられた鶯宿梅の梅干しには全国標準値を大きく上回る成分が含まれており、成分分析を依頼した日本食品センターの検査担当官の方が驚いて再検査をするほどの結果でした。

全国標準値と比較すると、ビタミンA・カロテンは23倍、鉄分は9.9倍、ビタミンB2・E、葉酸は5倍、亜鉛は3.2倍、それに対し食塩相当量やナトリウムは半分の数値です。

●梅干しの全国標準値との成分分析比較結果

農薬や化学肥料、添加物を用いた梅干しは必ず分析結果に現れます。
紅梅園が成分分析を行う事のは、農薬や化学肥料、添加物を用いていない事を証明すると共に
「皆様が安心して召し上がる事の出来る梅干しを作りたい」と考えているからです。

どうぞ、この無骨な大地の結晶「鶯宿梅の梅干し」を皆様の日々の健康にお役立てください。

関連商品

3年物特級品(鶯宿梅)500g

4,200円(税込 4,536円)
厳選し選別した鶯宿梅の梅干。限定品

3年物1級品(鶯宿梅)500g

3,360円(税込 3,628円)
塩とシソだけで漬けた昔ながらの酸っぱい梅干し

3年物1級品(鶯宿梅)300g

2,040円(税込 2,203円)
塩とシソだけで漬けた昔ながらの酸っぱい梅干し

ページトップへ